BL・MLに関心の無い方 18歳以下の方はご遠慮くださいませ。大人の方の自己責任においてのみの閲覧を お願いします。


プロフィール

紙魚

Author:紙魚
近畿に生息中。
拙い文章ですが、お読み頂けましたら嬉しいです。


紙魚は著作権の放棄をしておりません。当サイトの文章及びイラストの無断転写はご遠慮ください。
Copyright (C) 2008 Shimi All rights reserved

*お知らせ*
長らくみなさまから頂戴した拍手コメント・メールへのお返事は、別ブログの”もんもんもん”にてさせて頂いていましたが、2016年4月より各記事のコメント欄でお返事させて頂くことにしました。今まで”もんもんもん”をご訪問くださり、ありがとうございました。く



    
参加ランキング
FC2カウンター
*
検索フォーム
QRコード
QRコード
22

Category: 頂きものBOX

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

― SS ―☆.。.:*・゚頂きました!るん♪

 3連休で、更新が途絶えている紙魚でございます。
無責任に激エロ(ウソ)シーンで切りっぱ放置して、申し訳ございません。
お詫びに、すごく素敵なSSを頂いたのでそちらをUPいたします。

 そのSSなのですが、えーとですね・・・ご存知の方もおられるかと思いますが、
わたくし時々イラストもどきも描いたりもいたします。

 本当に素人の単なる下手の横好きですので、いつもは小さなサムネイルでちょこんと
載せているだけなのですが、何を感じられたか仲良くさせていただいているブログさま
からお声を掛けていただき、なんとそちらの息子さまを描かせて頂く運びとなりました。
(*ノェノ)キャーーーーーーーーッ!!

 そして、昨日その方からなんと!!お礼SS☆キラリ~ン!!を頂いたのです。感激☆
戦場での官能的なシーン・・・もうこれは、あの方でないと書けません!!

そうです、戦闘シーンといえば、リンク欄でもお馴染み、Route Mさまの
 『SIDE CAR』 ―Chaos Area―  でございます。 

 もう、どうしましょう~~~どうしましょう~~~!!
わたくしの拙いイラストに、このような素敵SSを書いて頂けるなんて。
絵描き(違うから!!)冥利に尽きます。

長ったらしい前振りはこの辺にして・・・はい、わかってます!!では!!!
 

では、みなさま『続きを読む』からどうぞ!!


 

          BATTLE FIELD



「BATTLE FIELD」

柔らかな皮手袋をした手が、両耳を覆った。
振り返らなくても、それが誰のものかわかる。
発射直後の、まだ熱い金属の筒を背後の相手に触れさせないように、注意深く支えながら、悠樹は、前方で舞い上がった粉塵がはれるのを待った。

「Good job」

淡々と告げられた言葉一つで充分であった。

渓谷をむすぶ橋の一つが、完全に破壊されていた。
任務完了である。
使い物にならなくなった筒を傍らに放り出すと、悠樹は立ち上がろうとした。
だが、両耳から、頬に伸びてきた手が、それを許さなかった。

「そういう目をしているあなたを見ると、とても欲しくなります」
背後に立って、顔など見えていないくせに、そういう声が聞こえた。
だが、悠樹も見ていなくても、彼がどんな顔でその台詞を言ったのかがわかる。

囁く声は冷静でとても欲情しているようには聞こえない。
それなのに悠樹は一瞬で体温が上がるのを感じた。
相手の、手をはずすと、立ち上がり振り返った。
懐かしい顔がそこにあった。


        カオスエリア悠樹

「春英」
確認するように名前を呼んだ。
一ヶ月間会っていなかった。
こんなところに現れるはずがない。
そう思っていた。

引き寄せた腕の感触は自然で、衣服の上からはわからないが、悠樹が握っているのは、金属の義手である。血の通わない腕を強く引き寄せる。
「春英」
もう一度、その姿が幻でないと確かめるように名前を口にする。
春英が笑った。
その顔を引き寄せて、唇を合わせる。
綺麗な白い頬に、悠樹の顔の汚れがうつる。
軍服もほこりまみれである。
慌てて離そうとする体を春英が引き戻した。

「あなたは、欲しくはないんですか?」
ないはずがなかった。
ただの一夜も、春英を思い出さなかった夜はない。


「テントに行きましょうか? それともここで?」
擦れた声のなかに、今度は微かな要求を聞き取って、悠樹は目をみはった。
そのまま押したおしてしまいたいのをこらえる。
「テントで」
そう答えると、春英が笑う。
「遠いですね?」
遠くはない、すぐそこだと答えかけた悠樹の唇を、今度は春英が奪った。
舌を絡ませる濃厚なキスが続く。
押し付けられた下肢に、もはや何も考えられなくなる。

ここは戦場だ。
どこからでも狙われるし、どこからでも見える。
そんな懸念が一気に吹っ飛ぶ。


「いいんですよ。あなたとなら死んでも」
「嘘つき」
そう答えたときには、地面に押し倒されていた。
けれども、悠樹は抱き込んだ体を反転させて、春英を組み敷いた。
せめて銃弾が飛んできたときに盾になれるように。


それから、かがみこむと、微かに開いた形のよい唇にキスをした。     
 
                                  (終)




素敵SSに、ぜひ!!
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




 いかかですか?この生死を分ける戦場でのエロティシズム!
刹那な感じが堪らないではないですか。。

>「いいんですよ。あなたとなら死んでも」
>「嘘つき」
 ↑↑↑↑
 このやり取りに紙魚は完全にヤラレました。
どうやったらこんなセリフが浮かぶのか・・・?
Mさん、こんな素敵なSSが頂けるなんて、嬉し過ぎます~~(感動!)


    ありがとうございました!!


テーマ : BL小説    ジャンル : 小説・文学

Comments

ぎゃー、ここで見るとまた。
しゅてきー、悠樹の瞳が服がロケットランチャーが! そして春英さんの手が~。 紙魚さん最高~!
最初に読んだときは、もっと長く書いてあると思ったのに凄くコンパクトにまとめられていることに気がつきました! それなのに戦場の緊張感と高揚感がビシビシと伝わって来る!
流石Mさんです。 素晴らしい。
・・・私も、紙魚さんにSS捧げようと書いたら・・・番外編になってしまいました。 長・・・。 ああ、カッコ悪い・・・。開き直って今夜出しますね~(恥)
私も触発されました♪
今週中には上がりそうです。
今、あの絵の中で二人が演奏している曲を物色中ですので、も少し、お待ちください。
Re: ぎゃー、ここで見るとまた。
 きゃあ~~~アドさん、ようこそです!!

> しゅてきー、悠樹の瞳が服がロケットランチャーが! そして春英さんの手が~。 紙魚さん最高~!
 ・うぐぐ~~~褒め殺しだァ!やられた~~パタッ(笑)

> 最初に読んだときは、もっと長く書いてあると思ったのに凄くコンパクトにまとめられていることに気がつきました! それなのに戦場の緊張感と高揚感がビシビシと伝わって来る!
 ・そうなのですよ!私も自分とこにUPするときに「アレ?短い・・・?」って思いました。アドさんのお仰られるように、コンパクトなSSの中に戦場の臨場感もエロスもきっちり収まっているんです。
完結で端的。そして、この内容の濃さ。見習いたいです!

> 流石Mさんです。 素晴らしい。
 ・素晴らしすぎます~こんなSSが頂けるなんて(涙)イラスト描かせていただいて本当によかった~

> ・・・私も、紙魚さんにSS捧げようと書いたら・・・番外編になってしまいました。 長・・・。 ああ、カッコ悪い・・・。開き直って今夜出しますね~(恥)
 ・きゃあ~~~~~~~!!!も、どうしよう~~~!嬉し過ぎる!
 もしかして、わたくし一生分のラッキーを使い果たしてしまったんではないでしょうか?
 「ゴージャス・サムライ」さまに会える番外編・・・・・・(T▽T)シアワセ
 ありがとうございます!!!!

 コメント&ご訪問、感謝です゚・*:.。.☆
Re: 私も触発されました♪
 紙森さま、いらっしゃいませっ!!!

 紙森さんまで~~~w(*゚o゚*)w 
こんな凄いことがあっていいんでしょうか??!!!!
やっぱり、一生分のラッキーを使い果たしたのでしょうか?でもいいです神様♪←

> 今週中には上がりそうです。
> 今、あの絵の中で二人が演奏している曲を物色中ですので、も少し、お待ちください。
 ・紙森さんのペースはよくわかっていますので、どうか書きやすいペースで!
 ああああ・・・悦嗣さんとさく也さんのセッションシーンがまた・・・
 エツさまぁ~~~~~~!!(おっかけのオバサンみたい・笑
 幸せ過ぎます!!・゚・(ノД`;)・゚・

 こんな素晴らしい方々からSSを頂くなんて・・・
 もう、桜海老で鯨を釣るようなものですね。。。(バチが当たりそうです~笑
 ありがとうございます!!!!
 
  コメント&ご訪問、感謝です゚;:*:;゚:*☆
きゃー
は、はずかしい。
私、人さまに自分の作品を差し上げるのは初めてなのです。
もちろん、絵をいただいたのも初めてです。
なんか、タイトル異様にでっかくありません。
ていうか、なんで、みなさん「るん♪」なのですかーーーもう!

この絵をいただいて、本当に、絵にあったお話を書いてみたいと思いました。
というか本をつくりたいと。
この話ももっといろいろ盛り込んであったのですが、さっくり削りました。
でも、この書き出しで、一本長いお話もかけるぞ。と、思ったりしました。
とにかく、悠樹の目が頭から離れません。
紙魚さんにはもっと絵を描いてもらいたいけど、でもHPの更新もあるから、無理には頼めないし。でも、また書いて欲しいし。
前にもどこかで書きましたが、作品を読んでくれて、理解して、この絵を描いてくださったことが一番嬉しかったです。
さーて、次はならさんの絵にお話しを書かなくっちゃ。
掲載していただいて、ありがとうございました。
Re: きゃー
 Route Mさま~~~!ようこそです!!

 ありがとうございます!!
 何度、読み返しても素敵です~~。

 私も、純粋に他所さまのご子息を描いて差し上げたのは初めてでした♪
 イラストがもらえるって、嬉しいですよね(自分で言うな・・)~~~Kさんの仰る通り、文字書きの浪漫です。私も、ならさんに書いて頂いた時は、泣きたくなるほど嬉しかったです~~。

> なんか、タイトル異様にでっかくありません。
 ・大きいですか?管理ページでは傾斜もかけてカッコイイ!!って思ったんですけど、このテンプレでは、文字の傾斜は反映されないみたいで、残念。

> ていうか、なんで、みなさん「るん♪」なのですかーーーもう!
 ・流行語?(笑)楽しい響きが素敵です。嬉しい気持ちが伝わりますよね。るん♪

> この絵をいただいて、本当に、絵にあったお話を書いてみたいと思いました。
> というか本をつくりたいと。
 ・私は、絵専門ではなくて書き手専門のつもりなのですけど、そう言っていただけて、本当に嬉しいです。一枚の絵で、Mさんの創作意欲を刺激できたなんて、とても大それたことが出来てしまったような・・・

> この話ももっといろいろ盛り込んであったのですが、さっくり削りました。
 ・この潔さが、あの整備された完結でパンチのある文へと繋がるのですね。
 見習いたいです~~
 長いお話も読みたいです!大好きなシリーズなのでたくさん読めるのは大大歓迎~!

> 紙魚さんにはもっと絵を描いてもらいたいけど、でもHPの更新もあるから、無理には頼めないし。でも、また書いて欲しいし。
 ・ううう・・・や、もうへぼ絵なので・・・今回は、Mさんの好みに添えて本当に良かったと思います。ホッ。(あんまり描くとウチが書いてもらえなくなるという現実も・・・手遅れですね・ハイ(笑)・・・ならさ~~ん!←

> 前にもどこかで書きましたが、作品を読んでくれて、理解して、この絵を描いてくださったことが一番嬉しかったです。
 ・はい、読ませて頂いたことがあります。そう言っていただけるのは、本当に嬉しいです。

> さーて、次はならさんの絵にお話しを書かなくっちゃ。
 ・アドさんとこのコメント読んで、ウチも~って思ったんです、ホント。
 でも、どうしようもなく筆の遅い私・・・ならさん、気長に待ってください(平伏・ってここで言うな!)

> 掲載していただいて、ありがとうございました。
 ・こちらこそです!オキアミ一匹で鯨を釣りあてた気分です!!

 コメント&ご訪問・・そして素晴らしいSS!めっちゃ嬉しかったです。
 ありがとうございます!!
上から捉えている構図がいいです。だって目線に動きがあって色っぽいのに精悍さもあってかっこいいいい~。

生死が交錯する緊迫した状況の中での、この余裕の会話。
いつでも逢えるというわけではなく、逢えたこの時が一期一会なんですね。次が保障されない身ゆえに一瞬も無駄にできない思いが伝わります。

イラストもSSも素晴らしいです。堪能しました。ъ( ゚ー^)
Re: タイトルなし
 くろねこさま、こちらにもようこそです♪

> 上から捉えている構図がいいです。だって目線に動きがあって色っぽいのに精悍さもあってかっこいいいい~。
 ・ひぃぃぃ~~!!こんな雑雑イラにありがとうございますm(_ _)m
 せめて、色をつけるかペンで書くかできればいいんですけど、私には難しいんです。Kさんのところでヴァイオリンは難しいと書かれていたので、くろねこさんも絵を描かれる方なんだなって思っていました。サイトの2枚の絵本当に素敵です!

> 生死が交錯する緊迫した状況の中での、この余裕の会話。
> いつでも逢えるというわけではなく、逢えたこの時が一期一会なんですね。次が保障されない身ゆえに一瞬も無駄にできない思いが伝わります。
 ・刹那な感じがすごくいいと思いませんか?Mさまのお宅では読み応えのあるお話がたくさんありますので、ぜひいらして下さい。きっと、ハマりますよ~v

> イラストもSSも素晴らしいです。堪能しました。ъ( ゚ー^)

 ありがとうございます!思いがけず、素敵なお礼SSを頂いて一瞬、絵師に転向しようかと(無理だし・・)無謀な錯覚を起こしそうになりました。勘違いもはなはだしいヤツです(笑)

 こちらにも、コメント&ご訪問、ありがとうございます!

Leave a Comment