BL・MLに関心の無い方 18歳以下の方はご遠慮くださいませ。大人の方の自己責任においてのみの閲覧を お願いします。


プロフィール

紙魚

Author:紙魚
近畿に生息中。
拙い文章ですが、お読み頂けましたら嬉しいです。


紙魚は著作権の放棄をしておりません。当サイトの文章及びイラストの無断転写はご遠慮ください。
Copyright (C) 2008 Shimi All rights reserved

*お知らせ*
長らくみなさまから頂戴した拍手コメント・メールへのお返事は、別ブログの”もんもんもん”にてさせて頂いていましたが、2016年4月より各記事のコメント欄でお返事させて頂くことにしました。今まで”もんもんもん”をご訪問くださり、ありがとうございました。く



    
参加ランキング
FC2カウンター
*
検索フォーム
QRコード
QRコード
17

Category: 翠滴 3 (全131話)

Tags: ---

Comment: 7  Trackback: 0

翠滴 3 breath  8  (55)
■性的要素があります、18歳未満または苦手な方はお読みにならないで下さい。


 膝の間にある触り心地の良いウェンゲの髪に指を差し込んだ。

 毛先を弄び地肌に指を這わせ、指の間に纏わりつく髪をぐしゃりとかき混ぜる。
 少々乱暴に扱っても、反応はない。
 行為に夢中になっているというよりは、無視しているといったところだろう。
 怒りも羞恥も、感情を一切出さず、ただ淡々と行為に耽っている。
 その癖、享一の差し出す舌は男の情欲を的確に刺激し更なる高みへと、いとも容易く連れて行こうとする。
 初めて咥えさせた時、享一がこんな淫猥な舌使いが出来ることを知り、胸が引きちぎれそうなほどのショックを受けた。そして、目も眩むほどの嫉妬を覚えた。
 誰かと濃密な時間を共にし、教えられ施すことでしか身に付かない癖だ。

 清楚な櫻の花弁を思わせる唇から、猛々しくいきり勃つ自分の欲望が出し入れされる度に声が上がりそうになる。柔らかな舌の淫らな動きに、享一の口腔で一気に質量が増し吐精感が極まった。
 「キョウ・・・」
 享一の口がエレクトした茎より少し大きめに開くと、舌先だけで裏筋を辿りそのまま先端の割れ目に食い込んできた。硬く尖らせた紅い舌先が開いた唇から覗かせて、先端から出てくる透明なカウパーを卑猥な動きで掬いあげる。
 この快感も、あの男の”仕込み”によって引き出されたものなのだと思うと、強烈な嫉妬と怒りで頭の中が焼き切れそうになった。
 「キョウ、放せ・・!」

 髪の毛に差し込んでいた両掌で髪の毛を掴むと乱暴に引き離した。
 淫靡で蕩けそうな舌の動きとは対極にある、冷め切った瞳が見上げてくる。
 ベッドに腰掛けた自分の前に跪く享一の脚の間に目を落とすと、バスローブの袷の奥の雄蕊には、僅かな兆しすら見られない。
 乾いた嗤いが込み上げた。
 掴んだ髪を後ろに引っ張り顔を上げさせ固定する。
 瞬きひとつしない黒い瞳が真っ直ぐに見上げてきた。

 「白けた顔すんなよ、興が冷めるだろう」
 「瀬尾、いつまでこんなこと続けるつもりだ?」
 つい今まで、熱いうねりを見せ淫猥にのたくった筈の舌は、何事もなかったかのように、氷のごとき冷め切った言葉を吐き出す。

 「いつまで?お前、俺の言ったことを酔狂や戯言だと思ってるのか?」
 「お前は、和輝には手を出さない」

 自分は確信しているとでも言いたげな、自信に満ちた黒曜石の瞳が胸に刺さった。
 一体、お前はどれだけお前に惚れさせるつもりなのか。
 「俺にはわかる。お前は和輝を父親として愛している。お前には和輝に手は出さない。そうなんだろう?瀬尾」
 「もしそうだったら、どうする?お前は、どうしたい?俺達から離れて、永邨のもとに帰るのか?和輝を捨てて、俺の手垢のついたその躰で、永邨の前に奴のスキャンダルを引っさげて立つつもりか?」
 享一の顔が驚愕と憤怒で引き攣り、固まった。
 殺気を宿した焔燃える黒い瞳の眉間に、そして花弁の唇に接吻けた。
 「いいな、この顔」
 いつか、俺の為にそんな顔させてやりたい。いつか。

 享一の腕を掴まえベッドに引き上げる。
 抗いはしないが協力もしない。バスローブから享一の腕を引き抜き、全裸の躰に覆いかぶさる。前戯も端折って指先を這わせた双丘の間は、昨日の今日とあって、ローションにまみれた指の先をあっさり呑み込んだ。
 見つめる享一の黒い瞳から殺気が消え失せ、迷い子のように彷徨い出す。
 リネンに髪を散らした享一が懇願の手を伸ばしてきた。その手を取って指先に接吻けをすると、享一の困惑が深まる。 

 「もうやめよう、瀬尾。頼むから、やめてくれ。お前を和輝の父親として、友人として今も大事に思っている。でも俺には、お前を恋愛の相手として愛せない」
 一見理解を示すようでいてバッサリと切り捨てる無神経なセリフが、心の中に重く沈む黒い塊に揺さぶりをかける。
 「口ではなんとでも言えるさ。だが、身体は正直だよなキョウ。お前の躰は随分と俺に馴染んできていることに気が付かないのか? もっとその目を開いて事実を直視したらどうだ」
 とば口で襞を緩やかに刺激していた指を、グイッと奥まで沈める。
 享一の躰がびくんと反応し、口から上擦った短い叫び声が上がった。

 「実際、いやらしい躰だよな。口では聖人君子の科白を吐きながら、躰は俺の指を感じて蜜まで零ぼす。このまま俺に抱かれれば、ちゃんと吐精もするんだからな。河村 圭太の時もこうだったのか」
 目許を朱に染め、苦しげに閉じていた瞳がカッと開いた。
 薔薇色に染まっていた頬から血の気が失せ、蔑む視線が見上げてくる。
 「躰がいくら感じたとしても、お前とのセックスは、心が震えない」
 必死で取り繕ってきた何かが無残に引き裂かれ破れる音を聞いた。

 この2ヶ月、享一を何度抱いても満たされない自分の気持ちから目を背けてきた。そんな自分を慰めるように、享一と和輝と自分、和輝を挟んでの新しい関係が育ちつつあるという幻想を抱き続けた。
 だが今日、喬純親子の前で泣きながら抱き合う2人を見て、現実を知る。
 血の繋がりへの。全霊を懸けて掻き抱いても、こちらを振り向かない時見 享一への、敗北感。
 何も育ってなどいない。
 
 享一の膝裏を掬い押し広げた。
 緩慢に首を横に振り、瞠目した享一の瞳に、目を剥いた自分が映る。瞳に映る狂気にまみれた男の顔が、引き攣れた薄笑いを浮かべた。この男は狂っている。
 「瀬尾」
 肩に担ぎ上げた脚の内側に接吻けをし、指を抜いたとば口に自分の欲望を宛がった。諦念し、刺し違えそうなほど硬く凍りついた冷めたい眼差しを正面から受け止めながら、いちばん弱い腹の裏を目がけて一息に貫いた。
 鋭い叫び声を上げて、背中を撓らせながら享一の躰が硬直する。
 やがて躰の緊張が解け、温かい内壁がやわやわと埋め込まれた欲望を懐柔し始める。快感に愉悦することに抵抗し踏み止まろうとする享一の眉間に、苦しげな皺が寄った。
 「可愛いぜ、キョウ。心が震えない分、たっぷりとこの躰を震えさせてやるよ」
 小刻みに震える躰に指を這わせ、享一の官能を引きずり出す。快楽の波に溺れだした躰から、挿れる時と同様一気に引き抜いた。

 

<< ←前話次話→ >>

目次を見る
翠滴 1―1 →

翠滴 2―1 →
翠滴 3―1 →

ランキングに参加しています
よろしければ、踏んでいってください。
   ↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

□□最後までお読みいただき、ありがとうございます(*^_^*)ペコリ
  
 途中までノリノリで書いていたのに、ピタリと止まってからが長かったです(T▽T;)
 恐るべしエ○エ○シーンの祟りでしょうか(笑)腐神さま、カモン!
                             
 

  ■拍手ポチ、コメント、村ポチと・・本当に、いつもありがとうございます。
  ほんの拙文しか書けない私ですがですが、書いていく励みになります。。
  ■ブログ拍手コメントのお返事は、サイトの”もんもんもん”の
  ブログ拍手コメ・メールのお返事からか、もしくは*こちら*から

テーマ : BL小説    ジャンル : 小説・文学

Comments

Re: タイトルなし
 Mさま、ようこそです。

 ギョ!!あの清らかなお2人の和み(?)イラストを見られたその足でいらしたのですか!!(゚ロ゚屮)屮
 私はどんな顔をすればようのでしょう。。(顔は出ないから・・ホ。

> その足でエロエロ読みましたーー
 ・エロエロでしょうか?書いているときはかなり悩んでいるので、自分ではエロいのか苦しいのか判らなくなります。確かに、Mさんの仰るように、長いと疲れますよね~~
 特にウチのは、搾取するエロシーンが時々あるので、読み手の方々は疲れないかと気になります。

> 怖いから、内緒!
 ・え~?Mさんそうきますか、流石です。でも、時々そう仰る方が・・・
 怖いから(笑)内緒にしておきますね。

> でも、エロいシーンって、長いと疲れます。途中でストップするのがわかる。
> あれ、もう・・・(ビーーーー!
> どんな・・・(ブーーーーー!
 ・や、うるさいですね。でも、ここは伏せておくべきかと・・・・(笑)」
 エ○の旗手であるMさんでも???
 じゃあ、私ごとき小物が途中で道に迷うなんて当然ですねv
 なんとなく安心♪(なにがだ・・

 すみません~最近ゆとりがなくて、読み逃げが多くなっています。
 生活にもお財布にもゆとりがほしいっす!イエ、潤いが欲しい・・・(笑)

 コメント&ご訪問、ありがとうございます!
官能的で
目くるめいてます♪
感情的ではない淡々とした地の文なのにエ○スに満ち溢れていて、だからこそよけいに享ponが痛々しいですね。
「心が震えない」って、享pon、カッコいいです。
瀬尾っちの手垢なんて、思い出せないくらいに周様が愛してくれるに違いないんです、ね? 紙魚さま?
だから頑張って乗り切って欲しいなぁ、
それにしても、どうやったらこんな官能的に房事を書けるのでしょうか。
大人になったら私も書けるでしょうか~~(もう十分、大人だっちゅーに・笑)。

イラスト、ありがとうございました!
この前にMさんと同じく、何度も眺めて「でへへへ~」としております。
可愛いぜ、キョウ
瀬尾っち目線キターッ( >ω<)9 ←どんだけ(笑)
嫌だと言っても、こっちのお口は欲しがってるぜ的な。いやいや、こんなにお下品ではないですね。すいません。
最高に萌えではありますが..なんとも苦しいですね。
もう既に瀬尾っちも享ちゃんも穴開いちゃってません?>胃
少なくとも相当pHバランスは崩れてることでしょう。

どうやったら、瀬尾っちを止めてあげられるんでしょうか。
紙魚かあさん。お願い。←何をだ
Re: 官能的で
 紙森さま、ようこそです♪

> 目くるめいてます♪
 ・まさかそれは眩暈では?またもや拙宅の拙いエロのご披露です。
 自虐公開○○イ・・?しかも、まだ続きます(´Д`;)

> 感情的ではない淡々とした地の文なのにエ○スに満ち溢れていて、だからこそよけいに享ponが痛々しいですね。
 ・どちらかというと受け目線の多い我が家なのですが、今回は瀬尾っち目線です。その分、重たくて地味になった気もしますが、瀬尾っちのブレスも書いてあげないといけないと思いました。

> 「心が震えない」って、享pon、カッコいいです。
 ・はい。男の子ですもの(笑)

> 瀬尾っちの手垢なんて、思い出せないくらいに周様が愛してくれるに違いないんです、ね?
 ・ん~、全然気にしないというのは、あり得ない(絶対無い!)ですけど、ひつこいくらいに上書きしてくれると思いますv

> それにしても、どうやったらこんな官能的に房事を書けるのでしょうか。
> 大人になったら私も書けるでしょうか~~(もう十分、大人だっちゅーに・笑)。
 ・紙森さんの文体にはとても色気がありますよ!!(私よりは間違いなく、十二分に大人だと思います!!・・・や、トシの話じゃなくってよ(笑)

> この前にMさんと同じく、何度も眺めて「でへへへ~」としております。
 ・そちらにコメント残そうと思いつつ、Mさんとこの時もそうだったんですけど、自分でコメントするのがどうにも恥ずかしくて・・・スミマセン・・
 絵もせめて色が着けれるようになれればいいんですけど、・・なかなかです=3
 明日中には、もんもんもんでこちらもUPいたしますね。

 コメント&ご訪問、ありがとうございます。
Re: 可愛いぜ、キョウ
 シマシマ猫さま、ようこそです!!

> 瀬尾っち目線キターッ( >ω<)9 ←どんだけ(笑)
 ・来ましたあ!!(拳!・勘違い・・)考えた末、やっぱり瀬尾っち目線にしました。
 重えろ、、シマ猫ちゃんは大丈夫でしょうか?

> 嫌だと言っても、こっちのお口は欲しがってるぜ的な。いやいや、こんなにお下品ではないですね。すいません。
 ・(笑)~まさにその通りではございませんか!
 この先、さらにお下品な所業に・・・(^ε^lll )~♪
 上品が売りの当サイトですのに(ウソ

> 最高に萌えではありますが..なんとも苦しいですね。
> もう既に瀬尾っちも享ちゃんも穴開いちゃってません?>胃
 ・新たに私の胃にもまた・・・
 苦しいエロではなくて、突き抜けたお色気が書きたいです!(って急に何を言っているのか私は・・

> どうやったら、瀬尾っちを止めてあげられるんでしょうか。
> 紙魚かあさん。お願い。←何をだ
 ・困りました。暴走息子瀬尾っちを止めれるのは、もうあの方たちだけ?・・・ダメですね。息の根も止められちゃいそうです(笑)どうしよう・・・(決まってないのか?私?

 コメント&ご訪問、ありがとうございます!
そうか、享PONは周さんのテクを残らず調教(←いいのか、この表現)され、伝授されてたんですね。

それにしても、男の体って難儀やねえ。
見た目でわかるからね。そうか、兆しも無かったのか、そんなテク使いながらって、どこに反応してるんだ私!

>この2ヶ月、抱いて、抱いても満たされない気持ちから目を背け、享一と和 輝と自分の3人新しい
 関係が育ちつつあるという幻想を抱き続けた。だが、 血の繋がりへの、
 全霊を懸けて抱いても、こちらを振り向かない時見 享一への、敗北感が込み上げた。

あ~もう、悪者ってわかってても、つい同情しちゃいます。
それにしても、和くんに対しても同じように、嫉妬心を抱いていたなんて。
何だかんだ言って、享PONが一番魔性かも。
周さん、河村さん、瀬尾。みんな美型で、ステイタスも一流な人ばかりをかくも夢中にさせるなんて。

あと、紙森さん宅のイラスト拝見しました。幸せそうな表情がとてもすてきでした。ヴァイオリン、難しいのにすごいです。
くろねこさま♪
 くろねこさま、ようこそです!

> そうか、享PONは周さんのテクを残らず調教(←いいのか、この表現)され、伝授されてたんですね。
 ・(爆!)同性の初めての相手が周っていうのは、幸か不幸か・・・ですね。圭太との時に享一がどう思ったのか、興味あります(*^∇^*)周のテクを残らず享一に披露したら、嫌われるかもしれないので周はたぶんしてないと思いますv

> 見た目でわかるからね。そうか、兆しも無かったのか、そんなテク使いながらって、どこに反応してるんだ私!
 ・ごもっともです!享PONはただ義務的にトレースしてやっているだけなんですけど・・・・享一にとっては標準仕様、に?・・・Σ( ̄ε ̄;|||・・・ブ
 なんか、とても危なっかしい子に思えてきました(汗

> あ~もう、悪者ってわかってても、つい同情しちゃいます。
> それにしても、和くんに対しても同じように、嫉妬心を抱いていたなんて。
 ・瀬尾は自分が和輝の父親であると言う出所不明の自信がありました。
 だから、血の繋がった享一に平気で和輝を任せていたんですが、この先少し状況が変わりそうな予感です。

> 何だかんだ言って、享PONが一番魔性かも。
> 周さん、河村さん、瀬尾。みんな美型で、ステイタスも一流な人ばかりをかくも夢中にさせるなんて。
 ・o(〃^▽^〃)oあははっ♪書いていて、ファンタジーだなあ~って思います。享PONにも魔性説浮上(もうひとりはシズカです♪)や、こっちは本物かも。

> あと、紙森さん宅のイラスト拝見しました。幸せそうな表情がとてもすてきでした。ヴァイオリン、難しいのにすごいです。
 ・きゃ~~公開羞恥プレイ。がっつり自爆中です。
 くろねこさん、さすが良くご存知ですね。書いてる時間の半分近くをヴァイオリンに費やしたバカモノです(汗・・・苦労したのに、まだ歪んでるし凹
 わたくし、エツさまファンなのでエツさまを描かせて頂いて、しあわせでした♪本日、もんもんもんのイラスト倉庫にもUPしますv

 コメント&ご訪問、ありがとうございます!

Leave a Comment